ITエンジニア 水野 果

人を育て、チームプレーを活かして高い価値を提供していく 水野 果 Mizuno Konomi 外国語学部英米学科出身 2010年4月入社

Q. 大学時代は何をしていましたか。

大学時代は、スピーチの部活に力を入れていました。演劇もやるような部で、年に4回は何かしらのイベントに参加して舞台に立っていました。毎日朝から晩まで練習し、大会で優勝したこともあります。その経験を通じて、人前で話すことへの苦手意識を克服できたと思います。

Q. なぜVSNを選んだのですか

就職活動では、社会に貢献したいという漠然とした思いはあっても、具体的にどのような企業で働きたいかというイメージはありませんでした。そんな中で、成長分野であるIT業界に関心を持ち、VSNの存在を知りました。選考の中で、VSNは技術以上にリーダーになれる人財を求めているように感じました。私もリーダーシップを発揮するような仕事をしてみたいと考え、入社を決めました。

Q. 現在はどのような仕事をしていますか

大手通信キャリアのシステム運用を担っている会社で、新たに構築したクラウドサービスの運用設計に関わっています。障害をモニタリングしながら、システムに問題はないかを確認。迅速に問題を発見し、対応できるような仕組みづくりをすることがミッションです。運用設計には、開発や企画、営業担当者など、さまざまな関係者と接点を持って情報収集する必要があるので、人と関わることが好きな方に向いていると思います。

Q. VSNで働く魅力について教えてください

若い人財にも、やりがいある仕事やチャンスを与えてくれる会社です。私は入社3年目でチームリーダーになり、6年目でグループリーダーになりました。最近、いろいろアドバイスをしてきた部下の一人がリーダーに昇格し、とてもうれしかったです。マネジメントになることによって、メンバーの成長というやりがいも手に入れることができました。

Q. 仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学んだエピソードについて教えてください

以前担当したプロジェクトでは、ヘルプデスクやシステムの監視業務を行っていたのですが、業務量が多く非常に忙しい状況でした。そこで、VSN社内で展開されているバリューチェーン・イノベーターのノウハウやツールを使って問題点を抽出。不要な業務の工数を削減し、本来やるべき業務に集中できるような施策を提案させていただきました。その提案はお客様から高く評価され、施策の実行まで任せてもらえることに。物事の本質をみんなで追求し、一致団結してより良い体制をつくっていく醍醐味を味わいました。

Q. 将来の夢を教えてください。また、入社をお考えの学生のみなさんにメッセージをお願いします

まずはグループの団結力をもって、バリューチェーン・イノベーター活動を進化させていくことが私の使命。その先は、起業にも関心を持っています。さまざまな情報、事業に触れられる環境なので、アンテナを張って視野を広げていきたいですね。バリューチェーン・イノベーターを目指すVSNの社員は、みんな前向きで「世の中を変えよう」という志にあふれています。新しいサービスを創造し、パイオニアになりたいと考える方々のご入社をお待ちしています。

動画メッセージ

一日のスケジュール「エンジニアの仕事」

4:30
起床
洗濯、読書、猫と遊ぶ
9:00
出社
朝礼参加、メールチェックなど
10:00
A部署とのミーティング
12:00
昼食
作業内容によって前後します。大体VSNの仲間と食べてます。
13:00
作業1
14:00
作業2
15:00
B部署とのミーティング
16:00
C部署とのミーティング
17:00
作業3
18:00
退社
19:00
VSN本社にて面談、事務処理
21:00
帰宅
食事、入浴、掃除など
22:00
猫と遊ぶ、読書or調べもの
23:00
就寝
22時30分までに就寝が理想!

他の社員を見る