メカトロニクスエンジニア 赤出川 瑠衣

化学×機械の知識をもってワクワクするモノづくりを 赤出川 瑠衣 Akadegawa Rui 理工学部応用化学科出身 2015年4月入社

Q. 大学時代は何をしていましたか

大学では応用化学を専攻し、水素と反応して熱を発する金属について研究。その金属を使って水素ガスのセンサーを開発できないか模索していました。プライベートではバスケットボールのサークルに所属し、飲食店でのアルバイトもしていました。人見知りなりにも、さまざまなコミュニティでたくさんの人たちと関わった4年間だったと思います。

Q. なぜVSNを選んだのですか

VSNならいろいろな企業で研究開発ができるので、面白そうだなと思ったことが応募のきっかけです。説明会では研修や社内イベント、社内コミュニケーションを図るSNSの活用などの説明があり、楽しく働けそうな印象を持ちました。面接では「機械系が向いている」と言われ、専門外だったので驚きましたが、別途詳細を説明いただける機会を設けてもらい、面白そうだと思えたので挑戦してみることにしました。

Q. 現在はどのような仕事をしていますか

現在は自動車に搭載されているエアコンのコントロールパネルの開発に関わっています。設計業務を中心に完成品の性能評価も行っており、評価結果をもとに製品の改善提案まで関わります。機械系の分野はゼロからのスタートでしたが、研修でしっかり基礎知識を学ぶことができましたし、楽しく仕事をすることができています。私はもともと、人のためになることをするのが大好き。相手が何を求めていて、どう考えているのかを読み取りながら仕事をするようにしています。

Q. VSNで働く魅力について教えてください

機械メーカーであっても化学の知識が求められるようになってきており、大学時代に学んだことを活かせる場面があります。その意味で、VSNは一人ひとりの素養を見ながら、技術者としての可能性を広げてくれる会社だと思います。専門分野を変えることに不安はありましたが、研修が充実しているので、ゼロからでも必要な知識を学ぶことができます。研修講師の方々は知識が豊富で頼りがいがありますし、ドラフターや3D-CADなどの実機を使って学ぶことができます。現場に配属されてからも上司や先輩たちが細やかにフォローしてくれるので、不安は感じませんでした。

Q. 仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学んだエピソードについて教えてください

今担当しているのはまだまだ初歩的な業務ですが、私がつくった測定データ資料をもとにお客様が動いてくださるのを見ると、手ごたえを感じます。たまに自動車販売店に行くと、真っ先に見てしまうのはエアコンです。自分が配属されている会社の製品を目にするとうれしいですし、これから自分が手掛けた製品が世の中に出るのだと想像すると、ワクワクします。

Q. 将来の夢を教えてください。また、入社をお考えの学生のみなさんにメッセージをお願いします

私はこれまでリーダー的な役割を担った経験はありませんでしたが、VSNに入社してリーダーになってみたいと思うようになりました。チームリーダーの皆さんは面倒見がよく、「VSNをよくしていこう」という意識が強い前向きな人たちばかり。その姿から学び、まずはこれから入社する後輩たちにとって頼られるような先輩になりたいです。VSNには、たくさんの仲間と面倒見のよい先輩たちがいるので、安心して入社してほしいです。

動画メッセージ

一日のスケジュール 「エンジニアの仕事」

5:30
起床
8:00
出社
9:00
作業A
基本性能測定・データ処理
12:00
昼食
食堂で、女性グループでお話ししながらの食事
13:00
ミーティング
簡単に進捗報告
14:00
作業B
データ処理続き
15:00
作業C
CADでの図面作成
17:00
作業D
日によって業務が異なる
19:00
退社
20:00
帰宅
食事、入浴、洗濯など
22:00
テレビや、録画してあるビデオを見る。
24:00
就寝

他の社員を見る