ファームウェアエンジニア 板倉 俊

技術者としておもしろい仕事を任されること、プロとして成長できることが、楽しい。 板倉 俊 Itakura Shun 生物理工学部出身 2016年4月入社

Q. なぜVSNを選んだのですか

就職活動当時、日々の業務を淡々と、言われたことを受動的にこなすのではなく、自身から積極的に上司や関連部署と関わり合いをもち、提案型の仕事をこなせるエンジニアになりたいという強い思いがありました。その中で、VSNが掲げる「バリューチェーン・イノベーター(VI)」という、普通のコンサルタントではできない、エンジニアとしての特性を活かした提案型のビジネスモデルに強く共感し、VSNでなら、自身が目指すエンジニアへの道を会社という大きなフィールドで仲間と共に歩んでいけると思ったからです。

Q. 現在はどのような仕事をしていますか

自動車部品メーカーで、画像処理技術を用いた自動運転支援システムの性能評価ツール開発や性能評価用のCG作成、次期型自動運転支援システムのアルゴリズムの検討を行っています。

Q. VSNで働く魅力について教えてください

バリューチェーン・イノベーターの活動はもちろんですが、そのほかには上下間の風通しの良さやフットワークの軽さも魅力です。入社当時から事業部長がメンターにつくなど、上層部との距離感が非常に近くまた壁がないので、自身の意見を率直に上層部に伝えることも可能です。実際に、現在配属されている事業部のグループリーダーに同僚と共に定期的な技術勉強会開催の提案を行ったところ、快く承諾され来年度からはグループ内の正式な活動として認められました。こういった風通しのよさが社員全体に根付いており、若手、ベテラン関係なく忌憚のない意見交換が可能です。

Q. 仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学んだエピソードについて教えてください

自動運転支援システムのある性能評価フェーズにおいて、私が主体で、評価用CGの作成、評価指標のめど付け、評価用ツールの作成、関連部署への交渉及びDRを二カ月かけて行うことになった際は、関連部署との折衝で時間が掛る中で納期内に多量のCGやツールを作成しなければならなかったのでとても苦労しました。ですが業務をこなしていく中、関連部署で顔見知りが増え様々なことを教えて頂くことや助けて頂くこともでき、最終的な報告の場ではとてもわかりやすいし納得のいく性能報告だった、とお言葉を頂き全ての苦労が報われ、これがやりがいだと感じました。

Q. 将来の夢を教えてください

今後は画像処理系のエンジニアとして、スキルを熟練させお客様にとってなくてはならない存在となること、そして、VSNの一員としてお客様に驚きを与えるVI提案を実施していくことが夢であり目標です。まずは現在配属されている部署で来年度中の提案を目指しています。

Q. 入社をお考えの学生のみなさんにメッセージをお願いします

VSNメンバーとして共に成長しお客様に驚きを提供しましょう。皆さんと共に働ける日を楽しみにしています。

他の社員を見る