ケミストリーエンジニア(化学系研究開発)

豊かな世の中を支えていくために、化学の力で多様な製品を開発しています。

ケミストリーエンジニア(化学系研究開発)とは

VSNでは、化学をはじめ、電気機器、機械、輸送機器などの大手メーカーにおいて、新エネルギー開発、機能性材料(素材)開発など、専門的なプロジェクトを多数手がけています。

担当する業務はどのような開発分野でも、研究補助やルーチン分析ではなく「自ら考え、結果を出す」ことが求められます。
これまで養ってきた経験を活かし、その分野のスペシャリストを目指すこともでき、ご自身の経験を応用することで、多くの分野に対する開発スキルを広げていくことも可能です。

また、化学系研究開発の特徴として、製品化に至るまで長い期間を要しますが、VSNでは製品化に直結するプロジェクトを手掛けているため、自身の仕事が社会に貢献できていることを実感でき、エンジニアとしてのやりがいを強く感じる事ができます。

仕事内容

新エネルギー開発

  • リチウムイオン二次電池部材の研究開発
  • 車載用二次電池の性能評価方法確立
  • 太陽電池電極材料の評価、解析

機能性素材開発<有機/無機>

  • 導電性樹脂の配合・特性評価画検討
  • 電磁波シールドフィルムの改良開発
  • 発光材料の合成、物性評価、素子の電気化学的評価
  • 生体適合性材料の基材への化学修飾、微細状態の分析・評価

活かせる経験

  • 製造メーカーでの素材研究や製品開発、要素技術開発、製造技術開発などの、いずれかの経験
  • 大学、公的試験研究機関での研究開発に携わった経験
  • 分析、評価・測定、試作製造、組成・配合検討、合成・重合、構造解析などのスキル

よく見られているページはこちらです