社員インタビュー

馬場 秀樹 Baba Hideki 経営イノベーション本部 「バリューチェーン・イノベーター」として企業の事業成長に貢献し、日本の産業を盛り上げていく。

お客様の事業変革をリードし、技術者の誇りを得られる環境

「バリューチェーン・イノベーター」とは

どのような技術者がお客様から評価され、長きにわたって価値を発揮し続けることができるのか。社内で議論を重ね、10年以上にわたる実績を振り返って見いだしたのが、「お客様が抱える課題を主体的に見いだし、解決を図っていける技術者」だということでした。これを全技術者が実践し、お客様のビジネス変革に貢献できる会社を目指そうということでできたビジョンが、「バリューチェーン・イノベーター(以下VI)」です。

このビジョンは着実に社員の間に浸透し、明確な価値としてお客様にも実感いただいています。お客様の中には、そもそも常識としてとらえられていたがために課題に気づけない、または組織のしがらみや固定概念からやり方を変えられないケースが見受けられます。それを変えられるのは、客観的観点をもってお客様の事業に関わるVSNの技術者だからこそ。VIの実践によって業務改善や業績向上に貢献し、多くの喜びの声をいただいています。

VSNで得られる「働きがい」と「キャリア価値」とは

昨今、日本の産業は世界的な競争優位性を失いつつあり、メーカー各社は変革を余儀なくされています。そんな中で、VIの取り組みはお客様企業を強くすることにつながり、それを重ねていくことで日本の産業を元気にすることができると信じています。

いち技術者の目線から見ても、自らの技術力と知見をもってお客様が困っていることを解決し、感謝されるということは、誇りや働きがいにつながります。課題解決というのは、技術力が伴ってこそできるもの。VSNは、技術力を高めるための研修体制を充実させるとともに、現場において課題解決を導く仕組みも設けています。大切なことは、一人ひとりが現場で感じた疑問や問題をまず口に出してみること。その発信がチーム内の議論につながり、仲間の知見に触れることで課題解決力や技術力はさらに磨かれていきます。結果として、多くのお客様に求められる高いキャリア価値を築くことができるでしょう。

VSNの強み、働く魅力について

「最後に生き残るのは、力の強い者でもなく、頭のよい者でもなく、最も変化に対応したものだ」という有名な言葉がありますが、VSNの強さはまさにその「変わる力」です。世の中の変化を見据えて、そのときどきで求められるサービスや仕組みを創造していくのがVSNのやり方です。そのベースとなるのは、「現場の声」。これまでも、現場の声から生まれた制度や施策がたくさんありますから、積極的に提案していただきたいと思います。

また、VSNが判断の基準としているのは、「人財が成長できるかどうか」。例えば、たとえ利益の大きな案件であっても、人財の成長につながらないのであればやらないという姿勢を貫いています。技術者として、ビジネスパーソンとして、確かな成長をかなえていきたいとお考えの方には最適な環境です。

メッセージ

変化が著しい今の世の中にあって、絶対安定していると約束できる会社はありません。だからこそ、今自分が何をやりたいかではなく、将来どうありたいかという観点で会社を選んでいただきたいと思います。そして、どんなに環境が変わったとしても、対応できるスキルや経験をその会社で手に入れられるかどうかが大切です。VSNには、技術力に加えて課題解決力を磨き、経験の幅を広げていける環境があります。そういった環境下で成長した姿が、自分が思い描く未来と重なるのであれば、ぜひVSNを選んでいただきたいと思います。

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る