社員インタビュー

塩田 ゆり子 Shiota Yuriko 執行役員 人事担当 「働きがい」の追求が、社員の成長と会社の持続的成長につながる。

VSNの「働きがい」ある環境は、社員の声から生まれている

「働きがいのある会社」を目指して

社員にとって「働きがいのある会社」であればこそ、持続的な成長はかなうとの考え方から、VSNは「働きがいのある会社ランキング(※)」ベストカンパニー入りを目指しています。この主催組織が定義する働きがいのある会社とは、経営陣、マネジメント、社員それぞれが信頼し合い、連帯感を持って働いていること。そして、社員が自分の仕事に誇りを持って働いている状態を指します。その評価基準をベースに、明確な目標を持ってさまざまな取り組みを行っています。

お客様先にチームで配属しているのは、まさに連帯感を感じてもらうため。そして、チームの連帯によって大きな価値を生み出すためです。また、社内イベントやサークル活動も盛んに行われており、部署やチームを越えたコミュニケーションも活発です。仲間とふれあい、何か壁にぶつかったら家族のように相談できる環境がVSNにはあります。また、併せてさまざまな人事施策の実現に取り組んできた結果、社員定着率は年々向上し、業績も順調に推移しています。

※Great Place To Work(R) Institute Japanが世界共通の基準で調査、分析し、主要な経済国を中心として発表しているランキング。

社員のニーズに応える各種人事制度

どんなバックグラウンドを持った人材でも安心して働き、継続的に成長できる環境をつくるために、当社はさまざまな人事施策を実現してきました。有給休暇の取得を推進した結果、消化率は70%以上と業界内でも高水準。プロジェクトの切れ目に長期休暇を取得する社員もおり、ワークライフ・バランスのとれた働き方が可能です。また、プロジェクト内容を社員に開示し、個々人のニーズに応じてプロジェクトや働く地域について希望を出せる制度も導入しています。資格取得支援は150もの資格に適用。独自の目標管理制度によって、着実に成長できる環境となっています。

私たちが実現したいのは、楽ができる環境ではなく、長く働きたい、もしくはもっと成長したいという前向きな意欲に応えられる環境です。意欲があればこそ壁にぶつかることもあると思いますが、チームで切磋琢磨しながら乗り越え、全員が笑顔でいられるような会社にしていきたいと考えています。

求める人材像

バリューチェーン・イノベーターを目指すVSNが必要としているのは、「お客様視点」であり、相手の目線に立って物事を判断できる人材です。企業やビジネスはたくさんありますが、仕事をするのは「人」であり、チームで仕事に取り組んでいきます。だからこそ、相手や仲間の感情やニーズを大切にできる方、チームプレーで働ける方を求めています。
入社時点で経験や知識がなかったとしても、チャレンジ精神と学習意欲があれば問題ありません。研修体制はもとよりチームで成長しようという風土がありますから、入社後に学びながら一緒に成長していきましょう。

当社でチャンスを手に入れるのに、年齢や性別、国籍は一切関係ありません。実力と成果に応じた評価制度を設けていますので、自分自身に限界をつくらず、積極的にチャンスをつかみ取っていただきたいですね。

メッセージ

お客様に価値を提供するのは現場の社員であり、社員の価値を高めることが私たち人事の使命です。現場で何に困っていて、どのように成長していきたいのか、ワーキンググループなどで定期的に社員の話を聞きながら、パフォーマンスを発揮するための仕組みを検討しています。制度はかなり充実してきていますが、まだまだ改善の余地はあります。私たちにとって、会社の制度や仕組みは経営陣や人事だけでつくるものではなく、社員と一緒につくっていくもの。ぜひ積極的に意見を発信していただきたいと考えています。

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る