社員インタビュー

稲葉聡 Inaba Akira 2004年4月入社 ファームウェアエンジニア 言葉の奥にある本質を考え抜き、期待を超えるアウトプットを。

なぜVSNを選んだのですか?

私は新卒でVSNに入社しました。新卒採用情報サイトで偶然見つけたのがVSNを知ったきっかけです。IT関連のメーカーを中心に就職活動をしていたのですが、「この業種がいい」という希望が定まっていなかったんです。そんなとき、VSNの前身であるベンチャーセーフネットを知り、「ここなら色々な企業の現場を経験できるのでは?」と考え、入社を決めました。とはいえ、あまりに短期で様々な会社を転々とするのは本意ではなかったので、その点の不安は残っていました。

入社してからの仕事内容を教えてください。

現在までに3社のお客様と仕事してきたのですが、一貫して自動車業界の車載システムのソフトウェア開発を担当しています。
1社目は大手自動車メーカーの画像認識技術の開発支援を半年経験し、2社目は1社目の子会社で運転支援システムにおける技術開発支援を8年ほど、現在は車載ECUメーカーで運転支援システムの開発に従事し、3年目になりました。
1社目と2社目では、製品に直結しない研究開発の部署だったのに対し、現在は製品開発に携わっています。研究開発と製品開発には仕事の進め方が大きく異なります。研究開発では技術確認ができればいいので、多少の問題は運用でカバーし、スピード重視で仕事を進めていました。それに対し、製品開発では製品が世の中に広く出回ることから社会的責任が伴うため、多くのテストを重ねながら小さな問題も看過しないという姿勢でモノづくりに取り組んでいます。
それぞれの仕事の仕方を学び、魅力を知れたのはありがたいことだなと思っています。

VSNに入社してから感じたことを教えてください。

入社前に感じていた、短期間で多くの派遣先を転々とするような働き方ではなく、1つの配属先に長く腰を据えた働き方をした11年でした。業界が一貫していることもあり、就活時に考えていた「色々な企業を経験できる」という期待とは違っている気もしますが、その分お客様と深く関わり、大きな仕事に携われるようになりました。結果的には自分にとって一番いい形で経験を積めたなと感じています。

VSNで働く魅力を教えてください。

本人の心構えひとつで活躍の場をつくりだせることですね。エンジニアとしてステップアップするために、キャリアプランのアドバイスもあるし、配属先も考慮してもらえます。学びたいスキルを身につけるための研修施設や、資格取得時の金銭的な支援など、自分の手でキャリアをつくっていくためのサポートがとても手厚いと感じています。

仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学びを得たことなどについて教えてください。

自分たちの仕事が認められたと実感できたときですね。具体例を挙げると、2社目の配属先で、モーターショーでのデモ走行を実施した際のことは特に記憶に残っています。
一般の自動車ファンが集まり、マスコミも入るイベントですので、ミスは許されません。スピード優先の研究開発チームもこのときばかりはテストにテストを重ねました。20~30名ほどのプロジェクトメンバー全員が、同じ意識で緊張感を持って取り組んだ結果、無事デモ走行を成功させることができました。役員の方や見てくださった方から「良かったよ」と声をかけていただいた際は、安堵したのと同時に、大きな達成感がありました。

エンジニアとしての、技術や仕事に対するこだわりを教えてください。

お客様が何を期待しているのか、本質を考え抜くことです。言われたことをそのまま受け取るのではなく、その先に踏み込んだアウトプットを出すことが、お客様からの信頼につながると思っています。それを可能にするためには、普段からお客様とよく話し、相手を理解するとともに自分を理解してもらうことが大事だと思っています。

VSNのエンジニアには、どのような経験や技術力が求められますか?

私自身のこだわりとして挙げた、本質を考える力はエンジニア全員に必要だと思います。お客様先で一緒に業務を進めるなかで、信頼を勝ち取るためにはこの力がなくてはならないと考えています。
あとは向上心ですね。お客様先に我々VSNエンジニアしかいないということは稀で、お客様先のプロパーの社員さんだったり、同業他社のエンジニアだったりとともに働くケースがほとんどです。成長したいという気持ちがないと、彼らに負けてしまいますから。

将来の夢や目標を教えてください。また、VSNに転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

ソフトウェア開発エンジニアとして、自動車業界に携わり続けたいと考えています。自動運転技術は世の中でも注目を集めていますが、完全自動運転が実現されるにはまだまだ技術の発展が必要です。私自身、開発者としてその実現に貢献したいと考えています。
私は新卒で入社し、別の会社を知りませんが、VSNでは様々な経験を持った方がその経験を活かしたり、別のスキルを習得したりしながら、それぞれのステージで活躍しています。エンジニアとしての成長を実現できる環境があると思いますので、強い成長意欲を持った方はぜひご入社ください。

エンジニアの一日

ワークライフ・ストーリー

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る