社員インタビュー

荒木 奏多 Araki Sota 2013年4月 メカトロニクスエンジニア 安心感がある、チャレンジもできる。“チームVSN”だから頑張れる。

なぜVSNを選んだのですか?

エンジニアの会社ながら、マネジメントのスキルやバリューチェーン・イノベーターなど、「技術力+α」の価値を追求するというVSNの方針に共感したのが興味を持ったきっかけです。また私は大学在学中、学業とは別に部活動で取り組んでいたオーケストラに力を入れており、面接でその話をした際に採用担当の方が、「そういった組織運営の経験は必ず生かせる」と言ってくださったことも強く印象に残っていて、新卒での入社を決めました。

入社してからの仕事内容を教えてください。

レーシングカーのエンジン部品の実験評価が主な業務です。少しでも性能の高いエンジンを作るために、新規部品の特性や耐久性を試験し、今後の設計の方向性などを分析しています。大学ではロケットエンジンについて学んでいたので、もともと親しみやすいテーマではあったのですが、業務として取り組むことでより興味を持つようになり、今ではレーシングカーの試合を見に行くほどになりました。
また、部署内の業務効率アップのためにバリューチェーン・イノベーターとしての提案を行い、過去の実験データを検索するツールの作成や実験手順書の整備を行いました。問題の分析や効果の検証を重ねたことで、運用による成果も出ており、お客様からも高く評価していただきました。

VSNに入社してから感じたことを教えて下さい。

入社前は、経験がないにもかかわらず、お客様が求めているレベルの技術力を提供できるのか、といった不安を抱いていました。しかし、配属先ではVSNの先輩エンジニアに業務内容について丁寧に教わることができ、スムーズに業務に入ることができました。VSNではチーム派遣が基本であるため、安心感があります。また、VSNの先輩エンジニアたちがお客様と良好な関係性を築いており、派遣でも積極的に発言できる雰囲気があったことにはすごく驚きましたね。

VSNで働く魅力を教えて下さい。

社員数が多く、持っているスキルや業務内容も多種多様なので、同僚と話すだけでも自分の知らない技術分野の話が出てきます。そこで得た新しい知識やアイデアを自分の業務に活かすこともよくあります。VSNは新しいことへのチャレンジを応援してくれる会社なので、そういった話をきっかけに改めてキャリアパスを考えられるということも魅力の一つですね。

仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学びを得たことなどについて教えて下さい。

レーシングカーの開発は結果がレースの順位として明確に表れます。もちろん、エンジンの仕様だけで全てが決まるわけではありません。それでも自分がデータをまとめて提案した仕様の部品が採用され、そのエンジンを載せた車がレースで好成績を残したときはとても嬉しいですね。また、上長や設計士と積極的に意見交換をしていく中で、先方から「考えてみて」と頼られることも多くなり、自身の成長を実感しました。

エンジニアとしての、技術や仕事に対するこだわりを教えて下さい。

あらゆる業務において自分本位にならないということです。プロジェクトはチームで動いているので、自分だけでなく誰が見てもわかるような成果物にすることを心がけています。定型のデータ処理や自分しか扱っていないデータについても、後で見直す時はもちろん、他の人が見るときのことを考えながらまとめています。「このデータは何のために取得して、このデータから何が言えたのか」「この図面でどのようなことを伝えられるのか」というようなことを意識することが、その後の円滑なコミュニケーションにもつながると思っているので。

VSNのエンジニアには、どのような経験や技術力が求められますか?

固定観念にとらわれず、柔軟に発想する力が必要です。というのも、様々な業務が経験できるからこそ、ある場所では当たり前だったことが、別の場所では全く異なるやり方をすることに気づけます。そのたびに得た「気づき」を、別の配属先での提案も活かすことができればより良いですし、それがエンジニアとしての市場価値の向上にも役立つと思っています。

将来の夢や目標を教えて下さい。また、VSNに転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

リーダーとしてチームの体制を整え、メンバー全員が積極的に行動できるチームを作ることが目標です。そのために、技術力を磨くだけでなくマネジメントについても勉強し、メンバーが働きやすい環境を作っていきたいです。
VSNは、エンジニアひとりひとりのキャリアパスを真剣に考えてくれる会社です。上司や先輩との距離も近く、自分の思いを熱心に聞いてくれますし、悩んだときには親身になって相談に乗ってくれます。これからのことが漠然としていて、様々な経験をしながら考えていきたいという方には特に、VSNをおすすめします。ぜひ、"チームVSN"の一員になってみませんか?

エンジニアの一日

ワークライフ・ストーリー

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る