社員インタビュー

寺地 孝幸 Terachi Takayuki 2001年4月入社 システム開発エンジニア 挑戦を恐れず、請負事業のさらなる拡大を。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

情報通信分野におけるソフトウェアの設計・開発を請け負う会社で、4年間ソフトウェア開発に携わりました。学生時代にプログラミングを少し勉強していたものの、実務レベルには足りないことだらけ。社員数は20名程度の会社で教育体制があまり整っておらず放任主義だったこともあって、実務の中でひたすら学ぶ毎日でした。

なぜVSNを選んだのですか?

前職入社2年目からは2~4名編成のチームのリーダーとして様々なプロジェクトを経験し、自信がついてきていました。一方で、プロジェクトの規模は小さいまま。もっと大きなプロジェクトに携われる環境に身を置きたいという気持ちを抱くようになっていました。
そんなとき、転職サイトでたまたま見つけたのがVSNでした。当時掲げていた事業構想を読んだのが興味を持ったきっかけです。多様なお客様先で、大規模なプロジェクトに参加できそうなことに惹かれました。まだ若く、スキルへの自信もあったので、キャリアアップも視野に入れて入社しました。

入社してからの仕事内容を教えてください。

入社後は、すぐにお客様先で就業するものとばかり思っていたのですが、私のこれまでの経験やスキルを評価いただき、新人研修の講師に抜擢されました。講師経験がない中で60名の新人教育。苦労しましたが、新人たちが学習過程でどんな部分に躓くかを見ているうちに、人の考え方をある程度トレースできるようになったのは収穫でした。
4年講師を務めた後は、案件のマッチング担当としてエンジニアを配属する業務を経て、派遣ではなく受託開発を行う請負事業の立ち上げメンバーに。最初は思うように案件を獲得できず苦労したのですが、現在は100名を超えるメンバーが常時稼働できるようになっています。私自身は今、事業マネージャーではなく現場のプロジェクトマネージャーを務めています。入社以来、プロジェクトから一歩離れた立場にいたので、久しぶりに現場で働きたいなと思いまして。やはり現場でやりたかった開発案件を手掛けることは楽しいですね。

VSNに入社してから感じたことを教えてください。

社歴が長いので入社前後よりも、入社後に変わったことのほうが大きいようにも感じています。もともとエンジニアを大事にしようという意識はあった会社ですが、最近はエンジニアが増えてきたこともあって、以前にも増してエンジニアが働きやすい環境になりました。多数を占めるエンジニアが快適に働けているからか、社内の雰囲気もますます明るくなったように思います。

VSNで働く魅力を教えてください。

やる気があればチャレンジさせてくれる環境です。私自身もメンバーに対してそういう環境をつくるようにしていますし、上長だけでなく、会社全体がエンジニアのキャリアアップに前向き。エンジニアの成長が会社の成長につながることをみんなが理解しているからだと思います。
バリューチェーン・イノベーターの取り組みも、会社として他社と差別化できるポイントであるとともに、エンジニアの成長に欠かせない考え方だとも思っています。課題を分析し、ソリューションを考え、プレゼンする力は、上流工程にステップアップするために必須の能力ですから。

仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学びを得たことなどについて教えてください。

教育やマネジメントに関わることが多いので、人の成長は大きなやりがいです。直属の部下ができなかったことができるようになったり、新卒研修で教えていた社員が配属先で一人前の技術者として活躍している話を聞いたりすると嬉しいですし、やりがいも感じます。

エンジニアとしての、技術や仕事に対するこだわりを教えてください。

技術を自分から取りに行くことです。自分で手を動かすことはなくても、常に新しい技術を吸収し続けることは意識しています。部下には基本的には自分で考えさせますが、本当に困ったときにはアドバイスできないといけませんから。

VSNのエンジニアには、どのような経験や技術力が求められますか?

一番は情熱ですね。技術力は必要ですが、それは本人のやる気次第でなんとでもなると思っています。他社と比べても教育体制が整っていますし、ただ手取り足取り教えるのではなく、自分で考えさせるようなカリキュラムが組まれています。まずは3年間、目の前の仕事に真剣に取り組めば、誰でも一人前のエンジニアにはなれますよ。

将来の夢や目標を教えてください。また、VSNに転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

請負事業をさらに強化し、より難易度の高い案件をこなせるようにしたいと思っています。個人ではできないことを組織としてクリアしていくことにおもしろさを感じます。
メッセージとしては、VSNにはやりたいことに挑戦できる環境があるということを伝えたいですね。市場価値の高いエンジニアを目指している人には、ピッタリの会社です。会社を利用して成長してやるというくらいの気持ちで入社してもらえたらと思います。

エンジニアの一日

ワークライフ・ストーリー

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る