社員インタビュー

樋口 泰男 Higuchi Yasuo 2005年1月入社 ネットワークエンジニア 最難関資格CCIEを取得。支えになったのは社内からの応援。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

新卒でハードウェアの保守を手掛ける会社に入社し、汎用コンピューターやUNIXサーバの機器交換・修理や、プリンターの消耗品補充などの業務を5年弱行っていました。保守対象の機器が数百台あり、5名ほどのチームで業務にあたっており、ネットワークの保守や構築支援も任されるようになっていきました。

なぜVSNを選んだのですか?

前職では決められた業務をこなすことが第一で、それ以外のことをするにはお客様の指示が必要で、能動的な提案や技術習得が難しい環境でした。そんななかで自身が成長できるのが不安を覚え、転職エージェントに登録したところ、紹介されたなかにVSNがありました。
入社を決めた一番の決め手は、研修の設備や制度が充実していることですね。自分自身がスキルを身に付け、成長できそうだと思ったのはもちろんですが、それだけ人財育成を大事にしている会社なら、自分がそれに関わることもできるかもと感じたのも理由のひとつです。というのも、前職時にOJT担当として新人を教育した際に大きなやりがいを感じ、もっと深く人財育成に携わりたいと希望していたんです。

入社してからの仕事内容を教えてください。

これまで、ネットワーク系SIerおよび総合コンピュータ・サービス会社など4社で就業し、いずれもネットワークの設計・構築を担当しました。1社目から3社目までは、長期大規模プロジェクトに専属SEとしてアサインされていたのですが、現在の4社目ではやや小ぶりなプロジェクトをPLまたはPMとして2~3ヶ月の周期で回しています。個人的には、短い周期で次々と新しい技術や知識に触れられる今の働き方が肌に合うように感じています。
また、1社目と2社目の間で、自社内の講師を4年半担当しました。希望していた人財育成の仕事でしたが、最初は苦労しましたね。市販の初心者用テキストを参考にしながら、どんな講義をすればモチベーション高く学んでもらえるか、教材をゼロベースで考えました。資格取得指導も担当したので、自身の資格取得のきっかけにもなりました。

VSNに入社してから感じたことを教えて下さい。

20代や30代の部課長がいるなど、全社的に非常に若いなと感じました。その若さが良いほうに働いているなとも思いましたね。トップダウンではなく、みんなで意見を出し合って会社の仕組みをつくっていこうという雰囲気がありました。それは今も変わっていません。

VSNで働く魅力を教えて下さい。

エンジニアとしてのテクニカルスキルに限らず、いろんな経験ができることに魅力を感じます。私の場合は、講師を担当したほか、専門誌である「日経NETWORK(日経BP社)」で連載記事の執筆を経験しました。自分の知識を全国のエンジニアに向けて発信するのは、大きな刺激になりました。プレッシャーは大きかったですが、それに見合う達成感も味わえましたね。

仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学びを得たことなどについて教えて下さい。

お客様から頼られたり、有名専門誌で連載を持ったりというのは当然やりがいを感じましたが、私ならではのものでいうと、CCIE R&Sの取得をした際は大きな達成感がありました。ネットワーク関連資格で最高位・最難関の資格ですので、取得まではずいぶん苦労しました。7回目の受験でやっとクリアできたのですが、諦めずに済んだのは社内の応援の力が大きかったと思っています。受験の時期が来ると社内SNSやメールで応援が届くんですが、それがモチベーションになりましたね。
資格自体がエンジニアとしての市場価値を非常に高めてくれますが、学習する習慣が付いたことが一番の収穫かもしれません。現金な話ですが、資格取得手当が付いたのも嬉しいですね。社外にも公開されてますが、CCIEを取得すると月額10万円が給与にプラスされるんです。

エンジニアとしての、技術や仕事に対するこだわりを教えて下さい。

日々の勉強を欠かさないことです。エンジニアは専門職なので、知識や技術がそのまま信頼につながると思っています。担当領域のネットワークやセキュリティについては、なるべく毎日新しいことを学ぶようにしています。

VSNのエンジニアには、どのような経験や技術力が求められますか?

「どんな経験をするか」と言うよりは、「経験をどう振り返るか」を重要視することが大事だと思います。VSNでは、ほとんどのエンジニアは複数のお客様先で就業します。そうすると、「あるプロジェクトを担当した」という実績を持って次の就業先に行きますので、お客様から前のプロジェクトで担当したことは「できる」はずだと思われます。
担当したことはすべて習得していくことが求められるのがエンジニア。ですから、ただ業務をこなすのではなく、次のプロジェクトを見据えて技術の振り返りをしていくことが大事だと思っています。

将来の夢や目標を教えて下さい。また、VSNに転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

海外でも市場価値が高いと言われるCCIEを取得したので、海外で働いてみたいなと考えています。もともとやりたかった人財育成もまたやってみたいので、海外で技術講師をやってみるのもありかなと思っています。
転職を考えている方に伝えたいのは、VSNにはいろいろな経験をできるチャンスがたくさんあるということですね。そして、勉強しようという人間や、チャレンジしようとする人間を応援する風土が、会社にも社員個人個人も強く根付いています。エンジニアとしての幅を広げるにはとてもよい環境だと思いますので、ぜひご入社ください。

エンジニアの一日

ワークライフ・ストーリー

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る