社員インタビュー

武蔵 貴之 Musashi Takayuki 2008年7月入社 ネットワークエンジニア グローバルなプロジェクトに挑戦、成し遂げたいことを追い求める楽しさがある。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

日本全国で店舗を展開する飲食チェーンで4年弱働き、店長を経験しました。その後1年間、貿易会社で営業として務めた後、VSNに転職しました。

なぜVSNを選んだのですか?

飲食チェーンに努めていた頃、20代で店長に抜擢されましたが、会社から離れたときに、個人として自分に残るスキルはなんだろうと考えたら、何も見当たらなかったんです。それから何かスキルを身につけようと考え、未経験にも門戸が開いていて、かつ確かなスキルが得られる業界としてIT業界に行き当たりました。
VSNは転職エージェントからの紹介で知りました。業界経験もなかったので、正直なところ同業他社との違いはあまり感じなかったのですが、福利厚生が整っている点などに会社としてしっかりした印象を受け、入社を決めました。

入社してからの仕事内容を教えてください。

SIerを4社経験した後、一度VSN社内の新規事業のテストプロジェクトに参加し、今はまた別のSIerでキャリアネットワークのネットワークとサーバの構築プロジェクトでプロジェクトリーダーを務めています。
1年半前後で配属先を移っており、VSNのなかでは配属替えの周期が早い方です。これは実は、自分からお願いしていることです。お客様先が変わると、技術面だったり仕事の進め方だったりも変化します。それぞれの現場で学べることが必ずあるので、自分なりに吸収できたら、次の現場で別のことを吸収したいというのが私の考えです。例えば、”工程管理”というプロセスは1社目にはなく、2社目ではじめて出会いました。これは、プロジェクトマネジメントを行う上で非常に重要なプロセスで、これを知ったことで自分は大きく成長できたと感じています。そのような学びをひとつでも多く得たいという気持ちで、次々と多くの現場を経験しようとしています。

VSNに入社してから感じたことを教えてください。

会社としてのサポート体制が日々強化されているように思います。例えば教育面でいえば、マネジメント体制がより洗練されたり、バリューチェーン・イノベーターの研修や社内資格が導入されたりしたことで、より学びやすくなりました。給与体系も、以前より納得感のあるものに制度改定されてきたと思います。

VSNで働く魅力を教えてください。

自ら主体的に行動すれば、実現しやすい環境であることです。実例を挙げると、私が参加した新規事業のテストプロジェクトなどがまさにそうです。このプロジェクトは、海外にVSNのエンジニアを派遣する事業のテストとして、社内から2名を海外企業に実際に派遣するというものです。
私には海外でも活躍できる人間になりたいという思いが昔からあったので、社内公募にすぐに応募し、周囲にも強くアピールしました。結果、プロジェクトメンバーに選出され、海外現地のプロジェクトに従事できました。

仕事でのやりがいや嬉しかったエピソード、逆に苦労したこと、そこから学びを得たことなどについて教えてください。

達成することや成果を出すことがモチベーションです。外資系SIerでのプロジェクトでは、私以外のメンバーと、ベンダー、エンドユーザーがすべて外国人というプロジェクトを担当しました。英語力には自信があったものの、主張の弱さなどの足りない能力を発見し、改善することで難しいプロジェクトをやり遂げることができました。また、その次のプロジェクトの受注という成果にもつながったことは、非常に嬉しかったです。

エンジニアとしての、技術や仕事に対するこだわりを教えてください。

技術面で細部を突き詰めることと並行して、プロジェクト全体のそもそもの要件やあるべき姿を常に意識し、ベクトルをぶらさないようにすることです。これは私ひとりが気をつけるのではなく、プロジェクトメンバー全体に呼びかけることも含めてこだわっています。

VSNのエンジニアには、どのような経験や技術力が求められますか?

マネジメント要素やコンサル要素の力がある人は向いていると思います。そういう意味では、エンジニア畑で育った“技術者”だけでなく、異業種出身の人にも合っているのかもしれません。特にコンサル力は、お客様先の開発現場だけでなく経営層にまでアプローチする提案を行う“バリューチェーン・イノベーター2.0”を実現するために、必須の力だと思っています。

将来の夢や目標を教えて下さい。また、VSNに転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

目標は、やはり海外で通用するエンジニアになりたいと強く思っています。それも、手を動かす技術者としてではなく、プロジェクトマネジメント力やコンサル力で勝りたいですね。
転職しようという方にお伝えしたいのは、「100%の会社なんてどこにもない」という前提で考えたとき、成し遂げたいことを実現するには自分自身が動くしかないということです。そして、VSNは自分で動く人間へのサポートを惜しみません。前向きに、主体的に行動できる方のご応募をお待ちしております。

エンジニアの一日

ワークライフ・ストーリー

他の社員を見る

「社員インタビュー」一覧に戻る